平成23年
みどりのカーテンですずしい「子どもの居場所」づくり
立花第1クラブ (伊万里市立立花小学校内) 立花第2クラブへ→
6月初旬
クラブの先生が作った畑に、堆肥や有機石灰を混ぜ込んでから「アサガオ」「食べられるヘチマ」「インゲン」「キュウリ」と、いろいろなものを植えました。

苗が少しのびてから、子どもたちでネット張りに挑戦することにしました。

最後の「水やり」の後、クラブの前の広場で、みどりのはっぱに寝転んだりして、オモイッキリ 遊びました。

この日は、佐賀県環境サポーターの人が指導してくれました。


7月初旬
降り続いた大雨のために、ネット張りが遅れました。

地をはっていたいたツルをネットにからませたので、これから「上へ〜上へ〜」とカーテンになってくれると思います。




8月初旬 たくさんの種類の植物が、ネットに茂っています。

お盆のころは、もっと茂っているでしょう。


この日の午後は、友だちビンゴゲームで、大いに盛り上がりました。










8月下旬 久しぶりに晴れたので、外に出られるようになりました。

そこで、校庭や小さな森やクラブの中、そしてみどりのカーテンを観察して、そこに見えた物をテーマにしたビンゴゲームをしました。

ビンゴ・ゲームは子どもたちに、とても人気があります。この日も、大歓声の連続でした。。