平成23年
みどりのカーテンですずしい「子どもの居場所」づくり
牧島クラブ (伊万里市立牧島小学校内)
 5月下旬 去年、使った土に堆肥や有機石灰を混ぜようとしたら、大きなムカデがウジャウジャでてきました。

素手では危ないので、工事現場で使うような大きなスコップで「土づくり」をしました。

でも、生きものがたくさん住んでいる土なので、ゴーヤやアサガオもスクスクと育つと思います。

ネット張りも終えてみどりのカーテンの準備は終了。

この日は、
佐賀県環境サポーターの人が指導してくれました。


 7月初旬 土が良いせいで、ゴーヤの成長が速いです。

7月の終わりに、クラブが引っ越しするので、伸びたツルを少し多めに摘み取りました。




 7月下旬 新しくできたクラブへ、引っ越しです。

学校の先生や、教育委員会の方々の応援をいただいて、たくさんの荷物を運びました。

最後に、みんなでみどりのカーテンを運び、新しいクラブにの南側と東側にかけました。










8月中旬 夏と言えば、やっぱりスイカ!

ということで、みんなでスイカを食べました。

タネはどうしようか?・・
そこで、みどりのカーテンの近くの地面にまきました。

暑い日が続いたら、ひょっとしてスイカのみどりのカーテンができるかも??


8月下旬 みどりのカーテンへの水やりの前に、水のゲームをしました。

この後に、使った水をプランターの中に入れてあげました。

水のゲームは、クラブの中にある物でできます。

いつでも、水やりの前の、ちょっとした遊びとして楽しめます。