平成23年
みどりのカーテンですずしい「子どもの居場所」づくり
黒川クラブ (伊万里市立黒川小学校内)
 5月下旬 南側の窓と北側の窓の両方にみどりのカーテンを作ろうということで、木の花壇づくりから始めました。

たくさんの土が必要なので、小学校の中の山側の土を掘り起こして使いました。

でも、北側はアシナガバチの巣があり、ネットを張るのが難しいことが分かりました。

そこで、「また今度ね」ということで終了。

この日は、
佐賀県環境サポーターの人が指導してくれました。


 6月初旬 アシナガバチの巣が取り除かれたので、この前の続きということでネット張りをしました。

ネットの支柱は、学校の中にあった古い竹を使いました。

これって「エコ」ですよね!


 7月初旬 南側は約1カ月で、みどりのカーテンがほとんど完成
しました。

北側は、雨どいからあふれてきた
雨水が花壇を直撃したために、
少し遅れ気味です。









7月下旬 この日の、南側の外の気温は44℃です。
(下の「くまさんの温湿度計」の写真)

でもみどりのカーテンは、熱い日差しを和らげています。
(左上の写真)

北側のアサガオたちが、ようやく茂りはじめました。
(右上の写真)


















8月初旬 子どもたちは、午後は、1時間ほど小学校のプールで遊びます。

そこで、プール遊びの後に、水を使って、ワクワク、ドキドキするゲーム「マルモリ・ゲーム」「水のちょきんばこ」「プカプカ・ゲーム」をしました。 (プロジェクト-WET「水のオリンピック」の簡易版)

ゲームスタートから約150分の間、子どもたちは夢中になって遊んでいました。